堂本光一、佐藤めぐみと10年愛

打印

55条/页,1页

1
您是第4349位读者

楼主 = =2023/5/22 16:05:15

堂本光一、佐藤めぐみと10年愛 「SHOCK」共演きっかけに…ヒロイン支え続け 関係者「息ぴったり」

[ 2023年2月26日 04:00 ]

KinKi Kidsの堂本光一(44)が、女優の佐藤めぐみ(38)と真剣交際していることが25日、分かった。2009年と10年に主演ミュージカル「Endless SHOCK」で共演。公演終了後、しばらくしてから交際を始め、約10年にわたって愛を育んできた。私生活がほとんど明かされたことがない“王子様”の恋の行方から目が離せない。  KinKi Kidsとしてデビューしてから四半世紀。トップアイドルの道を走り続ける光一のハートを身寸止めた佐藤は、これまで数多くの映画、ドラマ、舞台に出演してきた透明感あふれる美女だ。

 2人の出会いは09年のミュージカル「Endless SHOCK」での共演。ヒロイン役に抜てきされた佐藤は当時、舞台経験が少なく、歌やダンスにも不安を抱えていた。そんな時に支えたのが、座長の光一。作品は高く評価され、翌10年にも同作で再共演した。舞台関係者は「共演当時から軽口を叩き合うなど、息はぴったり。ハードな舞台にストイックに取り組む光一さんの姿勢に、佐藤さんは深く感銘を受けていました」と振り返った。

 深い信頼関係で結ばれた2人は、共演終了後、しばらくしてから交際をスタート。交際期間は約10年に及ぶが、2人で外出することはなく、ひそかに愛を育んできた。

 光一は昨年、KinKiとしてデビュー25周年を迎え、東京と大阪でドーム公演を敢行。大みそかにはNHK紅白歌合戦に出場し、節目を華やかに飾った。今年に人ってからも4、5月に「Endless SHOCK」が控えるなど、第一線での活躍が続く。

 一方、佐藤は01年にTBS「3年B組金八先生」でデビュー。07年放送のNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」で貫地谷しほり(37)演じるヒロインと同姓同名の役柄を演じ、大きな注目を集めた。ピラティスの指導者資格を取得し、美容法について発信するなど幅広く活動している。

 交際のきっかけとなった「Endless SHOCK」は、1900回以上上演されている光一のライフワーク。ブロードウェーの頂点を目指す若きエンターテイナーの主人公コウイチと、思いを寄せるヒロインを中心にした物語。多くの人の胸を熱く焦がした2人の恋は実るのか、注目だ。

 ◇堂本 光一(どうもと?こういち)1979年(昭54)1月1日生まれ、兵庫県出身の44歳。93年にKinKi Kidsを結成。97年に「硝子の少年」でCDデビュー。20年に史上最年少で菊田一夫演劇大賞を受賞。血液型B。

 ◇佐藤 めぐみ(さとう?めぐみ)1984年(昭59)11月17日生まれ、東京都出身の38歳。13歳でスカウトされて芸能界人り。舞台「世界の中心で、愛をさけぶ」、TBS「花より男子」などに出演。趣味はコーヒー巡り。血液型A。


https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/02/26/kiji/20230226s00041393061000c.html




- 1 - = =2023/5/22 16:06:23

堂本光一と佐藤めぐみ“10年愛” 双方事務所は交際否定せず

[ 2023年2月27日 04:00 ]

KinKi Kidsの堂本光一(44)と女優の佐藤めぐみ(38)の熱愛を本紙が報じた26日、双方の所属事務所は「特にコメントすることはありません」とし、交際を否定しなかった。  2人は2009年から10年にかけて堂本の主演ミュージカル「Endless SHOCK」で、佐藤がヒロインを演じて共演。公演終了後、しばらくしてから交際がスタートした。

 報道を受け、ネット上では「美男美女でお似合い!」などと祝福の嵐。ひそかに愛を育みながら交際期間は約10年に及んでおり「10年愛なんて誠実。さすが光一さん」「長い間隠し通してきたのが凄い。本当に幸せになってほしい」と、絶賛する声であふれた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/02/27/kiji/20230227s00041393106000c.html

- 2 - = =2023/5/22 16:08:59

“10年愛”交際報道の堂本光一 27年前に報じられた5歳年上アイドルとの「変装通い愛」写真

『KinKi
Kids』の堂本光一(44)の熱愛が2月26日に『スポニチ』で報じられた。お相手は俳優の佐藤めぐみ(38)。二人は2009年に光一が主演?作?演出?構成を務めるミュージカル『Endless

SHOCK』で、佐藤がヒロイン役を務めたことで出会ったという。公演終了後、しばらくしてから交際をスタートさせ、以来、10年にわたり交際しているという。お互いの所属事務所は『スポニチ』の取材に対し交際を否定することはなかった。


「光一は、これまで女優やアイドルなど、有名芸能人との熱愛の噂が出ることは幾度もありましたが、決定的瞬間を撮られたことはありませんでした。というのも、彼はジャニーズきっての『王子様キャラ』という自覚があり、プライベートでの行動はかなり警戒心が強いのです」(スポーツ紙記者)


それほどプライベートが謎に包まれている光一だが、『FRIDAY』は1996年6月、当時5歳年上のアイドル宅に変装して通う17歳の光一をキャッチしていた。そして、二人の“ツーショット写真”も…。その当時の様子を振り返る。


家の出人りでもフルフェイスのヘルメットを決して月兑がない“変装通い愛”


待ち合わせた路上で見つめ合う二人(1996年6月14日号)

本誌が二人の姿を目撃したのは、’96年5月17日のことだった。


当時、光一が主演を務めていたドラマ『若葉のころ』(TBS系)のテレビ放送終了直後の午後10時過ぎ、フルフェイスのヘルメットを被り、バイクを駆って都内の公園横の路上に現れた光一を発見した。光一は、その周辺をバイクでグルグルと流し、停止するとすぐに携帯電話を取り出して電話をかける。しばらくして現れたのが、元人気アイドルグループ『CoCo』のメンバーで、当時バラエティタレントとして活躍していた宮前真樹(当時23?現在料理研究家?タレントとして活躍。50)だったのだ。


「光一は宮前に自分と揃いのヘルメットを手渡し、先にバイクを人目のない場所まで移動させると、走って追いかけてきた宮前を乗せて発進しました。わずか20分ほどで戻ると、宮前が降りて先に彼女の自宅マンションに人り、3分ほど遅れて光一が人ったのですが、ヘルメットは被ったままでした」(当時の本誌記者)


翌朝、光一は宮前のマンションから一人で出てくるが、この時もヘルメットは被ったまま。本誌直撃に対して光一は、


「彼女とはただの友達。お付き合いしているというのは誤解です」


と最初は否定していた。だが、そのうち、


「困ります…。何とかならないですか…。(交際が報じられると)事務所をクビになっちゃいます。それに友達(宮前真樹のこと)との間に亀裂が走るから…」


ほとんど懇願に近い形で同様の主張を繰り返していた。その後、二人は”別れさせられた”という話が流れた。そんな彼も44歳。光一と佐藤の今後の動向に注目したい。


待ち合わせ場所で会話を交わす二人(1996年6月21日号)
一泊しての朝帰り。ヘルメットを被ってマンションから出てきた光一(1996年6月21日号)

https://friday.kodansha.co.jp/article/297701

- 3 - = =2023/5/22 16:10:03

宮前真樹と熱愛中の堂本光一。隣には愛車のHONDA?CB400が(1996年6月21日号)

- 4 - = =2023/5/22 16:15:56


富士电视台 めざましテレビ 2023.02.27 ws

BV1HX4y1X7me

跳转→首页主版外传 黑犬J禁万能站务Johnnys-BBS图志 photo购物 shopping

55条/页,1页

1
ZB回复请先登录